読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花旗 - Date Course Pentagon Royal Garden

たった一度しかライブを見たことがないけれど、たぶんいまのところ、世界でいちばんすきなバンドであろうところのデートコース*1。こんなことを堂々と言うのは恥ずかしいものですね。
ミュージカル・フロム・カオス 3DVD “花旗”

なぜまたそんなに思い入れがあるかって、ひとつには、僕がジャズってもんを聴き始めるいちばんいちばん最初のきっかけになったのは紛れもなくこのバンドだから。初めて聴いたのはたしか、友人宅でスペースシャワーTVを見ているときに、Playmate At Hanoiが流れたときだったはず。どう考えてもこの曲じたいはこれっぽっちもジャズなんかじゃないんだが、デートコースの、菊地成孔の情報を集めているうちにたどり着いたのがマイルスだったりしたものだから。それからのめりこむようになったものだから。
もともとダンスミュージックが好きだったってことも手伝って、いまでも一番好きなのはやっぱり、わりと単純に踊ることのできそうな曲で*2ジャズを聴こうとしたときも最初はそういうものを求めたりしていた。
たくさん楽器が鳴っていて、アンサンブルだけでもなく、やけにトランシーなだけ*3でもなくてもっとこう、東洋的なものやアメリカ的なものやアフリカ的なものやら、いろんな要素が絡み合ってるのがすごく魅力的に聴こえた。リズムってすごく面白いものだとはじめて認識した。

というわけでせっかくだから、YouTubeにあがってるものからいくつか。

ポップで泣かせるMirror Balls

これはスルメ。構造IV:寺院と天国の構造

Stayin' Aliveとか

わりと半端なところからはじまるPlay Mate at Hanoi


あ、タイトルのDVDですが、曲はぜんぜん入っていませんので、注意。

*1:2番目はたぶん60年代後半のマイルス・クインテットです

*2:そういや渋さ知らズもおなじような気分で聴いてた。ってことは、やっぱりそうなのだろう。

*3:90年代後半のボアとか、ROVOとかが大好きだった。あの性的興奮に似た盛り上げ方は童貞の僕にはたまらなかった!