読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕がなんだか弱くて、心動かされてしまうものの一部。

日常
  • 夕日と河川敷とホームレス
  • 放課後のチャイム
  • 授業の終わり、ちんこがたってイスからたちあがれない!
  • 体育倉庫、マット、跳び箱の裏、バスケットボールのざらざらした感触
  • にきび面と鼻の脂と、そして毛穴
  • バレー部に入ってた。女子バレー部と一緒に筋トレしているときが最高に楽しかった。
  • 女子バレー部にはすごくかわいい先輩がいた。ヤリマンだという噂だったけれど、僕には天使にしか見えなかった。
  • 夏、国語の時間のあのじっとりした感触。制服のシャツの脇が湿っていた。眠くて顔を伏せたら汗びっしょりになった。
  • 教育実習で来た先生は、おっぱいが大きかった。ほんとうに大きかった。
  • 裏山に一人で登った。歌を歌いながら。歌手ってのもいいな、とか思った。蛇がいた。
  • ネオンサイン、路地独特の生臭さ
  • 1時間に1本しか走らない電車に乗るたびに、偶然あの子も乗ってやしないかと周りを見回した。
  • 一人暮らしをはじめて一番うれしかったのは、オナニーが自由にできるってこと。
  • でも今では、あるいみそれが寂しくもある。
  • あの子と喋ってるときは、どう頑張っても顔のニヤニヤが消せなかった。
  • 放送室
  • 音楽室のじゅうたん
  • おっぱいが出る深夜番組

いろいろ。