読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国道沿いのファミレスを左に曲がったら、海

*1ぬくもりは、ことあるたびに、それがなんなのかはわからないまま、それでもからだのおくに、おもいだされることでしょう。

電光掲示板の文字というのはほんとうに何かが動いている訳ではなく、ひとつひとつのパーツが規則をもって光ることによってあたかも文字が動いているように見せかけているだけなのだ。ということは、その方法を使えば、なにかが光速を超えて動いているかのように見せかけることは可能なんだ。

あの娘僕のおしっこが二股に分かれて出てると知ったらどんな顔するだろう

「なにか見えないバランスのようなものが世界を支配していて、それを操っているのは果たして神様なのかなんなのかはわからないのだけれど、僕はとにかく、うんことかちんことか、そういうことを沢山言う、そんな使命をおおせつかってしまったみたいなんだ。」

*1:寝小便の