読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すかるふぁっく幻想郷

日常

子宮の長いトンネルを抜けると雪国であった。

「やっ・・・あっ、あっ!」

もういちど抜けるとそこは、茫漠とした砂漠であった

「あ、あひぁっ・・・!」

どこまでも広がる海原であった

「ひぃっ・・・んくぅ!」

月の照らす丘の天辺であった

「ふぁあ・・・ひっ・・・」

打ち捨てられた廃墟であった

「やっ、んんっ・・・!」

桜舞い散る坂道であった

「あっ・・・あ!・・・あはぁっ・・・!」

朝焼けの滲む公園であった

「ひゃんっ!」

溶けるような熱帯林であった

「ん・・・あ・・・くふぁ・・・」

いちめんの星空であった

「いや!や!ひゃっ・・・!」

夕日に照らされた河川敷であった

「ひぐっ・・・うっ!」

鬱蒼と茂る竹林であった

「ああん!らめぇっっっ!」

我が家であった

「あ、ばあちゃん!」