読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みなさんありがとうございました。誕生日後初のオナニーは大沢佑香嬢にお世話になりました。

Download*1 *2

すっからかんの大講義室、開け放たれた窓からは行き場を失った笑い声が浸入する。風が運んでくる空気は僕の沈んだ心にどこか遠い国を思わせる。後ろから二番目の列、左から三番目の席、机の上に広げられたノートは鉛筆で塗り潰され傷つけられ、露わになった陰毛のように痛々しい。と思った刹那、びらびらと音を立ててノートがはためくが早いかそこから闇が這い出し、視界は黒く塗り込められ、ざらついた何かが弾けて、暗転。夜空。いやちがう。頭上を覆うのは真っ黒な、真っ黒な、真っ黒な陰毛たち。足元には荒れ地。


「なんだこれ」降りてきたのは長い長い一本の縮れ毛。「掴まれってってことか」僕はカンダタ。「ここには僕ひとりしかいないのに?」お釈迦様はどこだ。


どうしようもなく僕は登りはじめる。地面が遠くなるかと思う間もなく陰毛が足元の世界さえも覆う。あたりいちめんまっくろけ。の陰毛。

      • -


百年だか一万年だか十億年だか登った頃。いつの間に目を閉じていたのだろうか――開いていようと閉じていようとどのみち大差はなかったのだが――目蓋の裏が白んで来たことに気づく。仕方なく僕は目を開く



そこは
胎内

あった。

*1:匿名の方、はてなポイントありがとうございます。無駄にすることなく、またいつかはてな界に還元できればと考えています。そういう感謝の思いを込めて(30分で)作った曲です。

*2:すみません嘘です、15分で作りました