読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脚注記法(2)

日常

こわれかけの散文詩*1がアスファルトの上にころがっていた。深夜のコンビニからの帰り道、街灯のあかりが影をつくったその境界線のあたりに、僕はそれ*2を見つけた。おびえた表情をして、アスファルトの上にころがっていた。

僕がちかづいてゆくと、僕の影もうごく。僕がちかづいてゆくと、それ*3が反射する光もちらつく。しゃがんで、両手ですくうように手に取ってみる。ほんのりと温かく、秋の夜の肌寒さにあらためて気づかされる。


トラックが通り過ぎる。ヘッドライトをぎらつかせ、大音声をびりびりとひびかせながら。

そして僕がもういちど手のひらに目をうつしたときにはもう、それ*4は、くずおれ、指のあいだからこぼれ落ちようとしていたのだった。


僕の手には、ちいさなちいさなことばだけが残った。

*1:うんこのことです

*2:うんこのことです

*3:うんこのことです

*4:うんこのことです