読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文化祭で,出来もしないキーボードを弾きながら右手を高く掲げたその瞬間のこと,これからもずっと忘れません.